胡蝶蘭 コチョウラン 角字で花と植物の名前、漢字表記

胡蝶蘭 コチョウラン 花や植物の名前(漢字表記)を角字で表現してみました。該当する植物についても簡単に解説しています。

胡蝶蘭

コチョウラン

英語:Phalaenopsis orchid ファレノプシス・オーキッド

Unicode: [胡_0x80E1][蝶_0x8776][蘭_0x862D]

 

ラン科植物の一つ。平たい葉を持つ単軸性の着生ランで、東南アジアのフィリピンから台湾に分布します。

美しい白い花を咲かせ、茎はごく短く直立し、上には4枚程度の肉厚の葉を密生し、下方からは多数の根を出します。根は太くて良く伸びます。

胡蝶蘭の名前の由来は、花が華やかで高貴な見た目から「蝶が舞っている」ように見えたからと言われています。

開店祝いや移転祝いなど、お祝いごとに何かと贈られるのは、蝶が飛び立つように、贈った方の幸せと発展を願う気持ちが込められているからだと言われています。

花持ちが良く、およそ1カ月以上、咲いた状態を保つことができます。また、華やかな見た目とは異なり、香りがほとんどありません。花びらの奥に花粉がかたまっているため、花粉もほとんど落ちません。これらも店舗などへの贈答用の植木として重宝される由縁となっています。

胡蝶蘭は、熱帯のジャングルの高い木に着生して生育します。育てる場合は、原産地の環境に近づけてあげます。
そのため、日当たりの良い風通しの良い場所で管理しましょう。
直射日光が当たると葉焼けを起こすので、カーテン越しに日を当てると良いでしょう。育成用の遮光ネットも販売されています。

他の樹木の幹やウロなどにくっついて育つ着生植物なので、土を使わず、水苔や胡蝶蘭専用の植え込み材(バーク:樹の皮を加工したもの)に植えます。

温度は可能な限り20℃前後に保つことが理想です。寒さには弱いので注意してください。基本的には室内か温室に置いてください。

水をあげる目安は、鉢植えの表面を指で押して水苔の表面全体が完全に乾いてからです。1週間~10日に1度、株の根元にコップ1杯の水を与えます。水は常温であげてください。

水のあげ過ぎや、受け皿に水が溜まったままの状態ですと根腐れの原因となります。葉がしなびてシワが出たり、根が黒く変色してスカスカしいたら、一度掘り出して、スカスカ、ブヨブヨした根は取り除き、新しい植え込み材に植え替えましょう。生きている根(クリーム色かうすい緑色)を傷つけないように注意してください。

花言葉は「幸福が飛んでくる」「純粋な愛」です。 また、白い胡蝶蘭は「純粋」、ピンクの胡蝶蘭では「あなたを愛しています」という意味も持っています。

 

角字とは?

江戸時代に誕生した角字は、正方形のグリッド内にほぼ水平・垂直のラインのみで文字(漢字)が表現されるグラフィックアートです。

正方形という限られた空間の中に、あらゆる文字を閉じ込めようとするグラフィックデザインは、前述した、ミニマムな物に対する日本人特有のこだわりが随所に感じられます。

そのシンプルで有りながら、奥深い「角字」は多くの日本人を魅了し、お祭りで着る半被や印半纏(しるしばんてん)と言われる着物や、商標、印鑑、家紋、看板デザインなどに今日まで数多く使用されてきました。

What is Kakuji?

There is a style of penmanship called “Kakuji” in Japan. Edo-born Kakuji is a graphicart that expresses letters (kanji) with almost horizontal and vertical lines only.

The design which bases on many straight lines seems simple, or too plain even at its first glance; yet this beautiful artistic penmanship that encompasses the aesthetic of the Japanese in the Edo era, also known as “Iki”, and playfulness has long been inherited to this day, thanks to the masteries’ long years of efforts in training and refinement.

Kakuji with its simplicity and depth is used for designs such as trademark, hanko stamp, family crest and signboard.