世界各国の国名の漢字表記を、角字でデザインしてみました。
使用されている漢字のコードも()内に併記してあります。

古代中国では、諸外国の国名を漢字で表記していました。中国から漢字を学び、文化に取り入れた日本でも、これを踏襲し、明治時代までは、各国の国名を漢字で表していました。現在でも、アメリカを米国、オーストラリアを豪州というように漢字表記の頭一文字で国名を表現する事があります。

角字とは、江戸時代に誕生した遊び心満載の伝統的なグラフィックアートで、正方形のグリッド内にほぼ水平・垂直のラインのみで文字(漢字)を表現しています。

直線を多用したそのデザインは、一見質素で、ともすれば地味になりそうだと思われますが、長年にわたり研鑽、洗練したおかげで、江戸時代の日本人が持っていた「粋」と呼ばれる美意識が結晶した、美しいアート書体として、今日まで伝えられてきました。

シンプルで有りながら奥深い角字は、現在でも商標、印鑑、家紋、看板などに数多く使用されています。

Kakuji Design for Country Names in Kanji.
Kanji code used for each country is written inside the bracket.

In ancient China, they used to write countries’ names in kanji. That’s why Japan, which
had learnt kanji and incorporated their culture from China, followed it and expressed each country’s name in kanji until the Meiji era. To this day, we sometimes express country’s name in its first word of their name in kanji such as米国 for the United States of America and豪州 for Australia.

There is a style of penmanship called “Kakuji” in Japan. Edo-born Kakuji is a graphicart that expresses letters (kanji) with almost horizontal and vertical lines only.
The design which bases on many straight lines seems simple, or too plain even at its first glance; yet this beautiful artistic penmanship that encompasses the aesthetic of the Japanese in the Edo era, also known as “Iki”, and playfulness has long been inherited to this day, thanks to the masteries’ long years of efforts in training and refinement.

Kakuji with its simplicity and depth is used for designs such as trademark, hanko stamp, family crest and signboard.