薄 芒 ススキ 角字で花と植物の名前、漢字表記

薄 芒 ススキ 花や植物の名前(漢字表記)を角字で表現してみました。該当する植物についても簡単に解説しています。

薄 芒

ススキ

英語:Japanese pampas grass ジャパニーズパンパスグラス

Unicode:
[薄_0x8584]
[芒_0x8292]

イネ科ススキ属の多年生植物で、別名は尾花で秋の七草の一つです。

秋の七草は、奈良時代、山上憶良が万葉集で詠んだ歌が由来とされます。

秋の七草
・萩(ハギ)
・桔梗(キキョウ)
・薄(ススキ)
・撫子(ナデシコ)
・女郎花(オミナエシ)
・藤袴(フジバカマ)
・葛(クズ)

俳句では秋の季語で、十五夜のお月見などでは、お供えとして飾られます。

また茅(かや。「萱」とも書く)と呼ばれ、かやぶき屋根などの材料となる有用植物の一種です。

日本には全国に分布、日当たりの良い山野や野原に生息し、ごく普通に見られますが、セイタカアワダチソウなどに生息地を奪われ、数が減ってしまった地域もあります。逆に北米ではセイタカアワダチソウ等を駆逐し、侵略的外来種として猛威をふるっています。

国外では朝鮮半島・中国・台湾に分布します。

夏から秋にかけて茎の先端に長さ20から30cm程度の十数本に分かれた花穂をつけます。種に白い毛が生えていて、穂全体は白っぽく見えます。種子は風によって飛ぶことができ、広範囲に移動できます。

英名は、ジャパニーズパンパスグラスですが、パンパスグラスはイネ科シロガネヨシ属で属性が異なります。
パンパスグラスは、南米原産の多年草で、草丈が高く3mくらいまで生長します。花穂だけでも50㎝以上になります。

東京都調布市の神代植物公園芝生広場に、パンパスグラスが植えられていて、その巨大な姿が来園者に親しまれています。

ススキを育てる場合は、日当たりのよい環境を好みますので、十分に日が当たるような屋外で育ててください。
ガーデニングとしては、そのたたずまいが意外と人気が高く、苗も売っています。

水はけの良い土壌を好みます。土壌はあまり選ばず、痩せ地でも育つ強健な植物です。
地下茎で増えますので、大きくなりすぎたら、株分けしましょう。

パンパスグラスもススキ同様の育て方で良いですが、草丈が大きくなるので、植える場所に注意してください。

花言葉は「活力」「心が通じる」です。

角字とは?

江戸時代に誕生した角字は、正方形のグリッド内にほぼ水平・垂直のラインのみで文字(漢字)が表現されるグラフィックアートです。

正方形という限られた空間の中に、あらゆる文字を閉じ込めようとするグラフィックデザインは、前述した、ミニマムな物に対する日本人特有のこだわりが随所に感じられます。

そのシンプルで有りながら、奥深い「角字」は多くの日本人を魅了し、お祭りで着る半被や印半纏(しるしばんてん)と言われる着物や、商標、印鑑、家紋、看板デザインなどに今日まで数多く使用されてきました。

What is Kakuji?

There is a style of penmanship called “Kakuji” in Japan. Edo-born Kakuji is a graphicart that expresses letters (kanji) with almost horizontal and vertical lines only.

The design which bases on many straight lines seems simple, or too plain even at its first glance; yet this beautiful artistic penmanship that encompasses the aesthetic of the Japanese in the Edo era, also known as “Iki”, and playfulness has long been inherited to this day, thanks to the masteries’ long years of efforts in training and refinement.

Kakuji with its simplicity and depth is used for designs such as trademark, hanko stamp, family crest and signboard.