金葎 鉄葎 カナムグラ 角字で花と植物の名前、漢字表記

金葎 鉄葎 カナムグラ 花や植物の名前(漢字表記)を角字で表現してみました。該当する植物についても簡単に解説しています。

 

金葎 鉄葎 カナムグラ 花や植物の名前(漢字表記)を角字で表現してみました。該当する植物についても簡単に解説しています。

金葎 鉄葎

カナムグラ

英語: Humulus japonicus フルムス ジャポニクス

Unicode:
[金_0x91D1][葎_0x844E]
[鉄_0x9244][葎_0x844E]

カナムグラはアサ科カラハナゾウ属の一年草で、和名を「鉄葎」と呼び、強靭な蔓を鉄に例えています。繁茂したカナムグラは強靭に絡み合っており、切ったり引き剥がしたりすることは困難です。蔓には小さく鋭いとげがたくさん生えており、引っ掛かるとひっかき傷になります。風で花粉を飛ばして受粉する風媒花のため、秋の花粉症の原因の一つにもなっています。

中国大陸、台湾および、日本では北海道から九州までの範囲に分布し、原野や道端、荒れ地などの日当たりの良い場所に自生します。窒素分を好み、畜産や農業、家庭排水などで富栄養化した土壌に繁殖し、優占します。

花は晩夏から秋にかけて、雄株は分枝した花茎を伸ばし、円錐花序にまばらにつき、細かい淡緑色の雄花を多数つけます。

茎葉と花は薬草として利用されました。健胃、利尿、膀胱炎に効果があるとされ、夏に茎葉を切り取って天日で乾燥させたものを用います。

実や若葉は、天ぷらなどにして食べることもできますが、前述の通り、花粉症の原因にもなり、またメロンやスイカなどの口腔アレルギーを起こす可能性があるため、アレルギー体質の方が食用や服用したい場合は、医師に相談するなどして下さい。

花言葉は「力強い人」です。

 

角字とは?

江戸時代に誕生した角字は、正方形のグリッド内にほぼ水平・垂直のラインのみで文字(漢字)が表現されるグラフィックアートです。

正方形という限られた空間の中に、あらゆる文字を閉じ込めようとするグラフィックデザインは、前述した、ミニマムな物に対する日本人特有のこだわりが随所に感じられます。

そのシンプルで有りながら、奥深い「角字」は多くの日本人を魅了し、お祭りで着る半被や印半纏(しるしばんてん)と言われる着物や、商標、印鑑、家紋、看板デザインなどに今日まで数多く使用されてきました。

What is Kakuji?

There is a style of penmanship called “Kakuji” in Japan. Edo-born Kakuji is a graphicart that expresses letters (kanji) with almost horizontal and vertical lines only.

The design which bases on many straight lines seems simple, or too plain even at its first glance; yet this beautiful artistic penmanship that encompasses the aesthetic of the Japanese in the Edo era, also known as “Iki”, and playfulness has long been inherited to this day, thanks to the masteries’ long years of efforts in training and refinement.

Kakuji with its simplicity and depth is used for designs such as trademark, hanko stamp, family crest and signboard.