鯐 スバシリ 角字で魚の名前、漢字表記、魚編(さかなへん)の漢字

鯐 スバシリ 魚編(さかなへん)の漢字や、魚、海の生物、水の生物の名前(漢字表記)を角字で表現してみました。該当する生物についても簡単に解説しています。

スバシリ

英語:Flathead mullet フラシェッドマレッド

Unicode: [鯐_0x9BD0]

ボラの稚魚のこと、一般的には数センチから10センチメートルより小形のものを指します。15センチメートル前後の若魚をこう呼ぶこともあります。

浅場に暮らし、海面を黒く染めるほど群れて泳ぐこともあります。

ボラは、ボラ目・ボラ科に分類される海水魚で、日本では北海道以南で広く見られる他、ほぼ全世界の熱帯・温帯に広く分布する大型魚です。海辺では身近な魚の一つで、各地で食用に漁獲されています。

河口や内湾の汽水域にも多く生息します。基本的には海水魚ですが、幼魚のうちは大群で川に遡上します。水の汚染にも強く、都市部の港湾や川にも多く生息します。

50cm前後、最大80cmにもなります。体は前後に細長く、頭部が平たく、目に脂瞼(脂肪の膜)があります。鱗は大きく硬いです。体色は背中側が青灰色から緑褐色、体側から腹側は銀白色で、体側には薄く細い縦しまが数本入ります。

雑食性で、水底に積もった他の生物の死骸や、藻などを主な餌としています。水底で摂食する際は、餌を砂泥ごと口の中に取り込みます。石や岩の表面に生えた藻類などは歯で削り取って食べます。

人間の他にもイルカやスズキ、大型アジ類などの肉食魚、サギ類やカワセミ、アジサシ、ミサゴ、トビ、鵜などの魚食性の水鳥に捕食され、生態系にとって重要な役割を果たしています。

成長するにつれて呼び名が変わる「出世魚」という特長を持ちます。

関東 – オボコ→イナッコ→スバシリ→イナ→ボラ→トド
関西 – ハク→オボコ→スバシリ→イナ→ボラ→トド
高知 – イキナゴ→コボラ→イナ→ボラ→オオボラ
東北 – コツブラ→ツボ→ミョウゲチ→ボラ

「トド」は、「これ以上大きくならない」ことから「結局」「行きつくところ」などを意味する「とどのつまり」の語源となりました。また、2年ほど成長した若魚は背中が青いため、未熟なものを「青二才」と呼ぶ語源になりました。

刺し網、定置網など、各種の沿岸漁法でほぼ年中漁獲されるため、貴重な水産資源となっています。

主な料理法は、洗い、刺身、塩焼き、みそ煮、しょうゆ煮、鍋物、みそ汁、ソテー、唐揚げ、フライ等で、メスの卵巣を塩漬けし、乾燥させたものが高級食材の「カラスミ」です。

 

角字とは?

江戸時代に誕生した角字は、正方形のグリッド内にほぼ水平・垂直のラインのみで文字(漢字)が表現されるグラフィックアートです。

正方形という限られた空間の中に、あらゆる文字を閉じ込めようとするグラフィックデザインは、前述した、ミニマムな物に対する日本人特有のこだわりが随所に感じられます。

そのシンプルで有りながら、奥深い「角字」は多くの日本人を魅了し、お祭りで着る半被や印半纏(しるしばんてん)と言われる着物や、商標、印鑑、家紋、看板デザインなどに今日まで数多く使用されてきました。

What is Kakuji?

There is a style of penmanship called “Kakuji” in Japan. Edo-born Kakuji is a graphicart that expresses letters (kanji) with almost horizontal and vertical lines only.

The design which bases on many straight lines seems simple, or too plain even at its first glance; yet this beautiful artistic penmanship that encompasses the aesthetic of the Japanese in the Edo era, also known as “Iki”, and playfulness has long been inherited to this day, thanks to the masteries’ long years of efforts in training and refinement.

Kakuji with its simplicity and depth is used for designs such as trademark, hanko stamp, family crest and signboard.