鰹 堅魚 松魚 カツオ 角字で魚の名前、漢字表記、魚編(さかなへん)の漢字

鰹 堅魚 松魚 カツオ 魚編(さかなへん)の漢字や、魚、海の生物、水の生物の名前(漢字表記)を角字で表現してみました。該当する生物についても簡単に解説しています。

 

鰹 堅魚 松魚 カツオ 魚編(さかなへん)の漢字や、魚、海の生物、水の生物の名前(漢字表記)を角字で表現してみました。該当する生物についても簡単に解説しています。

 

鰹 堅魚 松魚 カツオ 魚編(さかなへん)の漢字や、魚、海の生物、水の生物の名前(漢字表記)を角字で表現してみました。該当する生物についても簡単に解説しています。

鰹 堅魚 松魚

カツオ

英語:Skipjack tuna スキップジャックツナ

Unicode:
[鰹_0x9C39]
[堅_0x5805][魚_0x9B5A]
[松_0x677E][魚_0x9B5A]

スズキ目サバ科に属する海水魚の一種で、全世界の熱帯・温帯海域に広く分布します。
日本では太平洋側に多く、摂氏19~23度程の暖かい海を好み、南洋では一年中見らます。日本近海では黒潮に沿って春に北上、秋に南下という季節回遊を行います。

大型のものは全長1m、体重20kgに達しますが、漁獲が多いのは全長40cm程です。
体は紡錘形で尾鰭以外の各鰭は小さく、鱗は目の後方から胸びれ・側線周辺だけにあります。

背側は濃い藍色、腹側は無地の銀白色。興奮すると腹側に4~10条の黒い横縞が浮き出ますが、死ぬと消えます。
興奮時には縦縞が現れ、死後にも縦縞が現れます。

食性は肉食性で、魚、甲殻類、頭足類などを幅広く捕食します。稚魚は動物性プランクトンを食べます。

エラ蓋が動かないので、酸素を取り入れるために、泳ぎながら海水をエラに流入させているため、止まると窒息死します。

日本では古くから食用にされており、重要な水産資源でした。

大和朝廷は鰹の干物などの加工品の献納を課していた記録があります。そのため、カツオの語源は「身が堅い」という意で堅魚(かたうお)に由来するとされています。「鰹」の字も「身が堅い魚」の意であるとされています。

江戸時代には人々は初鰹を特に珍重し非常に高値となった時期がありました。「目には青葉 山時鳥(ほととぎす)初松魚(かつお)」という山口素堂の俳句が有名です。
ただし、実際には水揚げが多くなる夏と秋が旬であり、産地ではその時期のものが好まれていました。

非常に良質なタンパク質を多く含み、中性脂肪を減少させ、血栓ができにくくし、心臓病、認知症などを予防し、軽減するDHA、EPAが豊富です。また赤身には吸収のよい鉄分が豊富に含まれており。肌などを健全に保つナイアシンも多い健康食品です。

主な料理法は、刺身、たたき、ぬた、漬け、塩切り、カルパッチョ、みそ汁、しょうゆ汁、潮汁、塩ゆで、煮つけ、唐揚げ、天ぷら、腹身塩焼き、塩ガツオ、祐庵焼、粕漬)、炊き込みご飯、茶漬けなどです。

また、出汁の素となる鰹節の原料として、日本料理にとって欠かせない食材となっています。

 

角字とは?

江戸時代に誕生した角字は、正方形のグリッド内にほぼ水平・垂直のラインのみで文字(漢字)が表現されるグラフィックアートです。

正方形という限られた空間の中に、あらゆる文字を閉じ込めようとするグラフィックデザインは、前述した、ミニマムな物に対する日本人特有のこだわりが随所に感じられます。

そのシンプルで有りながら、奥深い「角字」は多くの日本人を魅了し、お祭りで着る半被や印半纏(しるしばんてん)と言われる着物や、商標、印鑑、家紋、看板デザインなどに今日まで数多く使用されてきました。

What is Kakuji?

There is a style of penmanship called “Kakuji” in Japan. Edo-born Kakuji is a graphicart that expresses letters (kanji) with almost horizontal and vertical lines only.

The design which bases on many straight lines seems simple, or too plain even at its first glance; yet this beautiful artistic penmanship that encompasses the aesthetic of the Japanese in the Edo era, also known as “Iki”, and playfulness has long been inherited to this day, thanks to the masteries’ long years of efforts in training and refinement.

Kakuji with its simplicity and depth is used for designs such as trademark, hanko stamp, family crest and signboard.